友達以上恋人未満の中途半端な感情と恋愛感情の決定的な違いとは?

7292185_s

あるところに、同じような容姿を持ちファッションをしていて
性格も価値観も考え方も、はたまたコミュニケーション能力も
一緒の男が2人いました。

もちろん、学歴も収入も運動神経も一緒。

そんな2人が、ある日、同じ女性を好きになったのです。

似たこの2人は、全く同じようなアプローチをし彼女に
好きになってもらおうと努力をしました。

女性はあるときまで、同じくらい好きな男でした。

しかし、彼女が選んだのは一方の男だったのです。

全く似通った二人。

女性からすれば全く一緒の印象、好意だったのにも関わらず
一方の男と付き合い一方の男は選ばなかった・・・・。

この2人に一体どんな違いがあったのでしょうか?


スポンサーリンク


それは、ある1つの出来事がキッカケだったのです。

それは、付き合ったほうの男のことを他の女性が好きになった。
そして、たまたまその時、遊びに誘ったけど用事があって
断られた。


ただそれだけだったのです。



「はい?」って思うでしょ?


そう、その違いは誰しもよくあるようなただの偶然から
おこった出来事だったんですね。

しかし、この偶然から学べる事は非常に大きいのです。

ただ

「押してから引けばいいんだろ!」

で終わらせられない

すごーく重要な学びがあるのです。

それは、人は同じ価値のあるものだったとしても
「なくなる可能性のあるもの」に価値をおきやすいのです。


これを希少性や親和欲求と言います。



この希少性と親和欲求は、一言で言えば、



「欲望の量に比べて利用可能な量が少ない状態」


におこるのです。



つまり先ほどの例で言えば、女性からすれば同じだけ
欲望の量があったが、他の女性が好きになことと
断られることによって、利用可能な量が少なくなった。



わけです。



福島の震災後にも、この心理がはたらいて
結婚するカップルや結婚相談所の相談件数が
かなり増えたそうです。

この原因を、不安や恐怖を感じると誰かと一緒に
いたいという欲求が高まるのもありますが・・・・



もうちょっと具体的に言えば、

欲望の量が高まることによって利用可能な
量が自ずと少なく認知されていると感じる
状態ができたわけです。


人は残念なことに、いつでもそこにあると思って

いるものに対して価値を感じにくい生き物です。



いつもいるペット。
いつもいる親。
いつもそこにあるパソコン。
いつも食べてる晩御飯の味。



そういう当たり前にあるものって誰にもありますよね?

そんな、当たり前なものほど



失いそうになって始めて気付くのです。
失う直前か直後に感じるのです。

あなたも似たようなことはないでしょうか?

今まで、当たり前にそこにあったものが実はすごい自分にとって
大切だったと気付くことが・・・・。

これを表面的に



「押すか引くか?」
「数が少なけりゃ人は動くんだろ!」
「モテる男はどんどんモテていくんだぁ!」



程度で結論付けてしまうのは
非常にもったいないお話なんですね。

いくら押したとしても、

あなたが他の男と一緒(利用可能な量が満たされている)
状態ならばそんなものは女性にとっては希少に感じません。

または、他の男と違っていても女性にとってそもそも価値が
なければ希少性を感じるわけがないんです。

だからこそ・・・・


自分自身の価値をいかにあげるのか?

日常からどのように希少性を感じさせていくのか?
親和欲求をどのように刺激していくのか?



ここを意識してください。

とは、言っても凄い難しい大学にはいるほど難しくは
ないなずですよ。

人が人を好きになり動かされる原理の一つなので、この
希少性のかなり重要視してくださいね。

その為に使える心理テクニックはいくつか
あるので参考にしてみてください。

しかし、どんなテクニックよりもこの人が人を好きになる原理で
ある希少性の定義だけは頭に叩き込んでおいてくださいね。



計6354名が驚愕した”恋愛関係を支配する男の法則”無料E-BOOKをプレゼント中
今やネットを調べれば、このサイトを含めて色んな恋愛のノウハウやテクニックが転がっています・・・

または恋愛相談もできるところも沢山ありますね。

よく、

「ルックスがよければ、会話が面白ければ、金があれば
学歴があれば、スポーツができれば・・・・モテる。」

なんて言われていますが、それは嘘です。

そして、

「女性を操れば、テクニックを学べば・・モテる。」

こういうもよく言われてる事も嘘です。

または

「誠実であれば、やさしければ、マメならば、モテる。」

こういう綺麗事も嘘です。

はたまた、

「一生懸命頑張れば必ずモテる!」

なんて精神論も嘘。

褒めればいいとか、ギャップが大事だとか会話はこうしろ!とか、こうすれば脈アリだとか・・色々言われてますが、実はこんなんじゃ”本当”に女性を圧倒的に好きにさせる事もモテることもできません。

そして、

恋愛テクニック論者からも「まだ付き合えていません」「モテません。」
って人を見ると決まって同じようなことをしていたりします。

無意味にマメになったり・・・
無意味に押したり引いたり・・・
金と時間をかけて女性に尽くしたり・・・
頭も使わずにテクニックを実践してみたり・・

そして、苦しんでいます。

彼女ができない・・・
モテない・・・
一人ぼっちだ・・・
寂しい・・・・
苦しい、辛い・・・
どうしたらいいんだ・・・

そして最後には俺はもしかしたらそういう星の下にうまれたのか・・・
と思い恋愛なんてくだらないと諦めてしまいます。

もちろん一時的には効果はあるかもしれませんが、結局はモテ期は去ることになります。

そうではなく、まずは本質を学びませんか?

僕はこれまで、心理学や脳科学、NLPなどなどあらゆるものを学び実践を繰り返す事で、女性達を圧倒的次元で好きにさせてしまう戦略と手法を見つけたのです。(実際、無料メルマガを読んで彼女ができたとか変化を感じているという声を多数いただきました。)

そして、これまで僕もうつで引きこもり人と話すのも苦手なところから・・100人の女性を抱き、最愛の女性と幸せな夫婦関係を手に入れました。

そして、好きな女性や狙った女性を好きにさせる方法、その法則からテクニックまで・・・

ステップバイステップで無料メール講座で公開しています。

もし、現在「好きな女性と付き合いたい」「彼女が全然できない」「狙ってる女性をオトせない」「モテない・・・」という場合、もちろんそれだけでなく「他の男に奪われたくない・・」「彼氏持ちを好きになった・・」という場合・・

または「自分に自信をつけたい!」という場合でも登録をしてみてください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、
あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

興味があれば今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し登録を完了させてください。

mail1

※もちろん内容が気に入らなければすぐに解除することができます。

登録したら170ページに渡る「LOVE CONTROL~恋愛関係を支配する法則~」を無料で手に入れる事ができるので試しにレポートを読んで解除してもいいと思いますよ。

メルマガの感想の一部を紹介

恋愛もののメルマガも(PDFファイル含め)それなりにたくさん読んでましたが…アリアスさんのこれは一番衝撃と刺激を受けました。ここまで!!ここまでわかりやすく書いてくれんのぉ?!てな感じで見てましたよ。(笑)このlove control……恐らくあと100回は見直して活用していくつもりです。

<taiki.com43さん>



無料でこんなに価値あるレポートを頂けるなんて、アリアスさんは器が大きすぎます!僕は美容師なので、女性と触れ合う機会はおおいですが、お客様を恋の相手にするのは気がひけます。このレポートを実践したいので、出会いの場をもっと増やしたいと思います!!!

<しばさん>



レポートやメルマガは印刷して毎日読ませていただいてます。今まで1人の女性をとことん愛して他の女性には目もくれない、大事なのは見た目じゃない大事なのは中身だ、なんて思ってたので目から鱗でした。実は僕はある女の子に先日告白しました。2度目でした。彼氏がいるってことでフラれました。でも俺は1度男を磨きなおしか彼女を振り向かせたいと思います。そのために女の子との交友関係を増やします。先生に誓います。僕は男を磨きます!

<フジもんさん>



この度は「LOVE CONTROL」を読ませて頂きました。やはりご自身で体験され大変なご苦労と共に実績を積まれ私とすれば一生に残る大変貴重なものになりました。但しこれを実践し自分のものにしなければ何の意味もない。そうですよね

<Hさん>



3つのルールを読みました。とても有難い内容で、自分の行動に取り入れたいと思います。とても共感できる内容で、筆者が、いい男だな、と思いました。私も、不変で唯一の個性のある、いい男でい続けたい、と思います。良いメルマガのご提供、有難うございます。

<harajukuproさん>



レポートありがとうございました!本当に無料でいいんでしょうかってくらい役にたってます!上手く言った時を思い返すと、4Gをやっていたなと納得しています。間違ってなかったと確信できたり、逆になんでダメだったのか理由がわかったり( ;´Д`)笑

<kanyさん>



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ