潜在意識(無意識)が好意と恋心を感じる心理テクニック

8615811_xl
恋心を感じる時、人は

「よーし、この女性を今から好きになるぞぉ~!」
と心の中で唱えてから恋愛感情を抱く事ってあると思います?


・・・・有り得ませんよね。


ほとんどの人は気付いたら好きになっていた。
ある瞬間にググッっと恋愛感情を感じたのではないでしょうか?

人が人を好きになる心理。

それは決して「意図的」に自分自身で作り出せるものではないのです。

一度やってみてください・・・

できませんから(笑


では、一体どういう状態になると恋愛感情を感じるか?


顕在化している意識ではなく潜在化している意識に
直接アクセスをするにはどういう状態にすれば
いいのか・・・・?

その代表例としてよく使われるのが“つり橋理論”です。

これは別名「恋のつり橋理論」とも言われていて、僕達人間が
潜在的な意識(無意識)を正しく認知できていないことを表した
人間心理です。

スポンサーリンク


知っている方も多いでしょう。


生理的な興奮をする事によって、自分が恋愛感情を感じている
と勘違いして認識してしまうというものです。

実験内容は下記のようなものです。

 

18歳~35歳までの独身男性を集め、危険な谷にかかる
ゆれるつり橋とゆれない普通の橋の2箇所で行った。

この2つの橋をそれぞれ渡ってもらい橋の中央で
同じ若い女性が突然アンケートを求めて話しかけてきて

その時・・・・

「結果などに関心があれば後日電話をください。」

と電話番号を教えたのです。

結果はつり橋のほうの男性からはほとんど電話が
あったのに対してゆれのない普通の橋はわずか
1割しかなかった。

 

というものです。

これは、揺れる橋での緊張感や興奮状態を共有したことによって
その興奮状態や緊張感を恋愛感情だと潜在意識が認知をした。

ということを証明した実験ですね。


つまり、潜在意識にアクセスするためには
その前に“変性意識”にはいる必要があるのです。


変性意識とは、非日常的な体験や思考、感情、創造

などをするときに生まれる意識です。

その中で最もシンプルなのが精神や肉体が極限まで
追い込まれた状態。

または普通に映画を見たりゲームをやったり
していても感じています。

 

つまり、僕らは日常から軽度の変性意識状態に
なっているということですね。

つり橋理論は・・・


正に非日常的な体験ですよね。


そういう状態を共有することによって相手はその興奮状態を
潜在的に恋愛感情と勘違いをしてしまい


恋心を抱き無意識に惹かれていくわけです。



僕は個人的には興奮状態で感じさせる恋愛感情は

あまり好きじゃないんですが、これはこれで使えるわけです。

わざわざそこまでやらなくても普通にできます。

興奮状態と認知的不協和の組み合わせが
できれば相手は「依存」し「服従」しやすくなりますから(苦笑)


興奮状態だけで好きにさせるのは個人的には

後々面倒なことになるだけなのであんまり好きじゃ
ないんですが・・・・

しかし、そーいう意味では

つり橋理論っていうのはかなり使えるわけです。


例えばデートに行く際に、


ジェットコースターやお化け屋敷や夜景を見に行ったりするのは
実はこのつり橋理論で考えれば非常に効果的なわけです。

是非、活用してみてください。

SPONSORED LINK


ただ、覚えておいて欲しいことがあります。

それは、人っていうのは出来るだけ多くの変性意識状態を
会話で作り出したり、非日常の体験をしないと進化しない
生き物だということです。

非日常的な体験、経験、思考、創造などなど・・・

今のままでいいと思いがちな怠惰な僕達人間を行動させ
成長させ進化させてくれる意識状態。


それが変性意識状態なんです。



しかし、残念なことに多くの人は誰かに意図的に操られ

変性意識状態を作ってしまっています。

だからこそ自分の人生であえて変性意識状態になる。

これは本当に大事なことですよ。



計6354名が驚愕した”恋愛関係を支配する男の法則”無料E-BOOKをプレゼント中
今やネットを調べれば、このサイトを含めて色んな恋愛のノウハウやテクニックが転がっています・・・

または恋愛相談もできるところも沢山ありますね。

よく、

「ルックスがよければ、会話が面白ければ、金があれば
学歴があれば、スポーツができれば・・・・モテる。」

なんて言われていますが、それは嘘です。

そして、

「女性を操れば、テクニックを学べば・・モテる。」

こういうもよく言われてる事も嘘です。

または

「誠実であれば、やさしければ、マメならば、モテる。」

こういう綺麗事も嘘です。

はたまた、

「一生懸命頑張れば必ずモテる!」

なんて精神論も嘘。

褒めればいいとか、ギャップが大事だとか会話はこうしろ!とか、こうすれば脈アリだとか・・色々言われてますが、実はこんなんじゃ”本当”に女性を圧倒的に好きにさせる事もモテることもできません。

そして、

恋愛テクニック論者からも「まだ付き合えていません」「モテません。」
って人を見ると決まって同じようなことをしていたりします。

無意味にマメになったり・・・
無意味に押したり引いたり・・・
金と時間をかけて女性に尽くしたり・・・
頭も使わずにテクニックを実践してみたり・・

そして、苦しんでいます。

彼女ができない・・・
モテない・・・
一人ぼっちだ・・・
寂しい・・・・
苦しい、辛い・・・
どうしたらいいんだ・・・

そして最後には俺はもしかしたらそういう星の下にうまれたのか・・・
と思い恋愛なんてくだらないと諦めてしまいます。

もちろん一時的には効果はあるかもしれませんが、結局はモテ期は去ることになります。

そうではなく、まずは本質を学びませんか?

僕はこれまで、心理学や脳科学、NLPなどなどあらゆるものを学び実践を繰り返す事で、女性達を圧倒的次元で好きにさせてしまう戦略と手法を見つけたのです。(実際、無料メルマガを読んで彼女ができたとか変化を感じているという声を多数いただきました。)

そして、これまで僕もうつで引きこもり人と話すのも苦手なところから・・100人の女性を抱き、最愛の女性と幸せな夫婦関係を手に入れました。

そして、好きな女性や狙った女性を好きにさせる方法、その法則からテクニックまで・・・

ステップバイステップで無料メール講座で公開しています。

もし、現在「好きな女性と付き合いたい」「彼女が全然できない」「狙ってる女性をオトせない」「モテない・・・」という場合、もちろんそれだけでなく「他の男に奪われたくない・・」「彼氏持ちを好きになった・・」という場合・・

または「自分に自信をつけたい!」という場合でも登録をしてみてください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、
あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

興味があれば今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し登録を完了させてください。

*メールアドレス

※もちろん内容が気に入らなければすぐに解除することができます。

登録したら170ページに渡る「LOVE CONTROL~恋愛関係を支配する法則~」を無料で手に入れる事ができるので試しにレポートを読んで解除してもいいと思いますよ。

メルマガの感想の一部を紹介

恋愛もののメルマガも(PDFファイル含め)それなりにたくさん読んでましたが…アリアスさんのこれは一番衝撃と刺激を受けました。ここまで!!ここまでわかりやすく書いてくれんのぉ?!てな感じで見てましたよ。(笑)このlove control……恐らくあと100回は見直して活用していくつもりです。

<taiki.com43さん>



無料でこんなに価値あるレポートを頂けるなんて、アリアスさんは器が大きすぎます!僕は美容師なので、女性と触れ合う機会はおおいですが、お客様を恋の相手にするのは気がひけます。このレポートを実践したいので、出会いの場をもっと増やしたいと思います!!!

<しばさん>



レポートやメルマガは印刷して毎日読ませていただいてます。今まで1人の女性をとことん愛して他の女性には目もくれない、大事なのは見た目じゃない大事なのは中身だ、なんて思ってたので目から鱗でした。実は僕はある女の子に先日告白しました。2度目でした。彼氏がいるってことでフラれました。でも俺は1度男を磨きなおしか彼女を振り向かせたいと思います。そのために女の子との交友関係を増やします。先生に誓います。僕は男を磨きます!

<フジもんさん>



この度は「LOVE CONTROL」を読ませて頂きました。やはりご自身で体験され大変なご苦労と共に実績を積まれ私とすれば一生に残る大変貴重なものになりました。但しこれを実践し自分のものにしなければ何の意味もない。そうですよね

<Hさん>



3つのルールを読みました。とても有難い内容で、自分の行動に取り入れたいと思います。とても共感できる内容で、筆者が、いい男だな、と思いました。私も、不変で唯一の個性のある、いい男でい続けたい、と思います。良いメルマガのご提供、有難うございます。

<harajukuproさん>



レポートありがとうございました!本当に無料でいいんでしょうかってくらい役にたってます!上手く言った時を思い返すと、4Gをやっていたなと納得しています。間違ってなかったと確信できたり、逆になんでダメだったのか理由がわかったり( ;´Д`)笑

<kanyさん>



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ