恋愛心理テクニック

自己主張とわがままの境界線!好意を抱く“アクショントーク”

更新日:

 

 

12976004_s

女性との会話をするのなら、「聞き上手になれ」みたいな事がよく言われていますが、だからと言って話さなければ会話にはなりませんよね。

一見、聞けば会話に困らないって言いますが、ただ聞いていても、

「自分の意見は何もないんじゃない?」

と思われてしまうだけなんです。

とは言え、自己主張をすれば今度はタイトルにあるようにわがままに思われる。
程度の話ならいいんですが、自己中に下手すると思われるかもしれなくなるんです。

「じゃあ、どーすればいいんだよ~!」

と大混乱しちゃいますよね(笑

これをクリアするためには、

・自己主張とわがままの境界線。
・自己主張と自己中の境界線。

この境界線を明確化した心理テクニックがあるのです。

もちろん、心理テクニック全体でも使えるものもあります。
以前のI-メッセージなんかはいい例ですよね。

スポンサーリンク

ここでは、自分の主張をする際にI-メッセージとセットで使うことで、自己主張で女性の感情を動かす心理テクニックであるアクショントークに関して解説していきたいと思います。

アクショントークと言うのは、

相手に苦情を伝えたり、自分の要求を伝えやすくする時に
相手のアクション「行動」にフォーカスして自分の気持ちを
伝えていくことを言われています。

使い方によってはもっと幅広く使えるテクニックなんですが、
まずはこの基本的な使い方を覚えておきましょうか。

例えば、あなたが

「デートコースをいつも彼女に合わせてしまうので
たまには俺の行きたいところに遊びに行きたい。」

としましょうか。

この程度のことなら別にアクショントークを
使うまでもいいんですけどね(笑

こういう時に、

①「お前って、いつも自分の意見を押し通すんだね。」
②「たまには俺に付き合うのは当然だろ。」

こういうのは行動に対して何もフォーカスしていません。

 

もし、あなたが何も言わなくて渋々決めていたら
 もう逆切れですね(苦笑)

 ちなみに、自分の意見を押し通す=自己中みたいな表現
 行動ではなく性格否定になってしまいます。

 

当然は、やって当たり前のことですが、その瞬間
 義務でやらされていると認識するのと同時に常識を知らない
 女だなと馬鹿にしている印象を与えます。

というように性格や考え方、人間性を否定・批判をして
いるような印象を与えてしまうわけです。


行動に対する指摘ならまだしも、

人間性の否定や批判になってしまうと
相手を傷つけてしまうわけです。

「ウゼー」って思わてしまうわけですね(苦笑)

こういう時に行動にフォーカスを当ててみるんです。

 

「そういえば、今まで一回も俺がデートコースを
決めたことなかったね。」


というように。

随分やわらかくなりましたね。

そして、続けて、

 

「だから、たまには今度俺がデートコース決めようかな?」


というように具体的行動のアクショントークで

要求をするのです。

このアクショントークは、自分の意見をいう時の中でも否定的であったり批判をせずにはいられなくなった時や自分の要求を通したいときなどに使えるのですが、感情的に苛立ちを感じたときなどにはかなり使える心理テクニックです。

これとアイメッセージをセットで使うとかなり効果ありです。

自己主張っていうのは、基本的に自分の思ったことをいう事です。

自己主張なんかしちゃいけないみたいに思っている人も多いですけど、言いたい事を我慢すると当然ですがストレスがたまってしまうんですよね。


だから、「言いたい事を言う」

 

っていうのは大事なことです。

でも、一歩間違うと独裁者に思われるわけです。

ヒトラーですね(苦笑)

でも、だからって我慢すると今度はストレスがたまり、言葉にできないような苛立ちを感じ始めてしまい大爆発してしまう・・・なーんてことになりかねないんです。

しかも、思ったことも言わないから今度は「自己主張もない人」
というレッテルを貼られてしまうわけです。

 

「もぅ~どーすればいいんだよ!」
「どっちが正解なんだよ!」

 

って思いますよね(笑)

だからこそ、アクショントークを意識してください。
このアクショントークは

 

・相手の人間性を否定しない。
・自分の人間性を正当化しない。


っていう事にフォーカスした心理テクニックなんです。

SPONSORED LINK

行動にフォーカスすることで
客観的に相手に負荷を与えず伝えることができるようになるんです。

たぶん、この考え方を意識して言葉を選ぶだけでも自己主張がすごい上手になりますよ。

 

 

1

現在21456名が実践!なぜ、この無料メール講座の参加者は、モテる・彼女を作る事が普通にできるようになったのか?


「どうでもいい女には好かれてたけど好きな女性は毎度振られ続けていた・・でも、なぜ振られるのかの理由がわかって好きな女性と付き合うことに成功した。」

「童貞で彼女いない歴=年齢だったけど彼女を作ることができた。」

「これまでそれなりにモテてたけど付き合ってから冷められていた原因がわかり長く付き合うことができるようになった!」

「超イケメンの彼氏持ちの女性を振り向かせることに成功した。」

これらの感想を無料メール講座ではよくいただきます。
とは言ってもこれらはなんらおかしい話ではありません・・・。

恋愛感情が生まれる原理原則を理解した上で状況に応じて適材適所でテクニックを活用すればある程度モテる力は身に着けることができます。

「でも、それはもともとそれなりにモテてたからじゃない?」

と思われるかもしれませんが、、、実際、上の成果は童貞の方から何十回も振られ続けた方もいます。

そんな原理原則に基づいた心理学テクニックをステップバイステップで学び身に着ける企画、NEXT MENS STAGEの無料メール講座をお届けします。

しかし、この企画の本当のゴールは“彼女ができる・モテる”事ではありません。

そんなのは当たり前にある過程でしかないのです。

そこらへんに関しては参加後にお届けしていきますので、
今すぐ下記の必要事項を入力して企画に参加してください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

登録完了後、1分以内に最初のプレゼントである恋愛感情の原理を解説した「THE・MOTE・RULE」をお届けします。

*あなたのお名前(ハンドルネーム)を入力
*あなたのメールアドレスを入力

もちろん気に入らなければいつでも解除できますので安心して登録をしてください。

>>詳しくはコチラ<<

-恋愛心理テクニック
-, ,

Copyright© -ラブスナイパー-好きな女性にモテる男になる恋愛心理の法則~ , 2019 All Rights Reserved.