女心・女性心理

女心が全然わからない男へのたった3つのアドバイス

更新日:

女心が全然わからない男へのたった3つのアドバイス

女性の心は気まぐれで何を考えているのかさっぱりわからない。

さっきまで笑っていたと思っていたら突然ムスッっとしだす。
時に繊細な男の心をエグるような、どんなものよりも強力な言葉を発してくる・・・・。

そんな経験がある人もいるかもしれない。

そんな女心が全然わからないあなたに、全然モテなくて女心が
全くわからず言葉という鋭利な刃物で傷つけられてきた僕でも
女心を以前より理解できるようになった、たった3つの秘訣を
紹介していこうと思う。

女心を少しでも理解して魅力的な男だと思われたいの
ならば是非、最後までご覧になってくださいませ。

SPONSORED LINK

 

「なぜ?どうして?わからない・・・」

百戦錬磨のヤリチン野郎と童貞では女心を知るという事に
おいて本当に圧倒的な差はあるのだろうか・・・

いいや関係ない。

それにヤリチン野郎は表面での女心は知っているかもしれないが、
基本的に深いところまで知っているかと言われればいささか疑問も残る。

しかし、どれだけ一見深く「知っている」と見えたとしても
それほど多くのことを知っているわけではないのは確かである。

では、一体何が違うのだろうか・・・・。

ある男は女心を完全に掌握したように、自分に惚れさせる事ができるのに、
ある男は女のご機嫌取りをして全然女の心を見透かす事ができない・・・。

だからと言って、ペットに餌をやるかの如く、餌に尻尾を振ってきているペットを見て
「俺は女心わかっている」と勘違いする輩にならないためにはどうすればいいのか・・・。

それは一概にはいえないがやはり、「経験」がものを言う。

どれだけ女という宇宙人レベルの別生命体を知っていると思われる男は
それだけ「女慣れ」を繰り返しているのだ。一長一短で女を知ることなどできない。

ただ言える事はひも理論のような超難解なものを解き明かすほど難しくはない・・・

経験次第で基本的には誰でもできる。

そして・・・・

 

色々言われているけどハッキリ言うと100%
女心は理解できない。しかし・・・

ここを、頭にいれておくことも大事である。

知ったと思っていても結局人の全てがわかることはない。

女心の全てを知る事はないだろう。

なぜなら、思考パターンや感じる感情の違い、活性化する脳の違いを考えれば
あまりにも複雑で「絶対に100%こう思ってる。」なんて事は知りえることはでき
ないからである。

さらに言えば、女心を知ったからと言って確実に惚れさせるわけでもない。

なぜなら、解決策や解決のプロセスそのものが男と女では違うから。

しかし、経験を積むことによって頭で考えるよりも五感で感じる事に
よって、あらゆる女性の心をある程度自分の中でパターン化する事はできる。

だから頭の中で「どうしてだろう?」と考える事は大事だが、
「こう思ってるに決まってる!」と決め付ける事は違うわけ。

経験を積まなきゃわからないものをロジカルに解決しようとする
事そのものが無駄なことなのかもしれない。

もし、わかったとしても100%女心がわかってるなんてあり得ないのだから・・・。

 

たった3つのアドバイスとは?

とはいえ、いくら経験を積めと言われても指針がなけりゃどうやって女心を
知ればいいのかわかりにくいのでいくつか簡単なアドバイスをしようと思う。

ただ言っておくが、このブログを含めたモテ本だって著者の結論であり、本人に
とっては机上の空論ではないが、あなたにとっては経験がないため机上の空論に
過ぎない。

だから「女心はこうだ!」と言われても鵜呑みにしないでほしい。

行動なくして経験なくして女心がわかるようにはならないのだ。
そして、結局のところも百戦錬磨のモテ男達だってわかっているわけではない。

100%わかる事はない。

これを踏まえた上で、女心を知るためのシンプルで今すぐできるアドバイスをしていきたいと思う。

それはたったの3つである。

・ 舐めまわすように観察する。
・ 媚び諂いとにかく理解を示そう。
・ 女の最大の武器“言葉”に負けない。

基本この3つを意識しておけば女心は前よりも知っていると感じる感覚を得られるようになるだろう・・・

「お前、バカじゃないのか?」

と言われるほど冗談交じりのアドバイスだが、ここを意識して女性と関わらない
限りいつまでたっても女心を知るという感覚は感じられにくいと思っておいてほしい。

 

Advice1,舐めまわすように観察する。

いや、これは決して舐めまわすような視線で女性の裸体を想像しながら
イヤらしい目で女性を見ろと言っているのではない。

そんな事をすれば逮捕一歩手前だろうが、そんな事をしても女心が
わからないならまだしも、危ない男へ一直線になってしまう。

大事なのは観察をするという事だ。

体の使い方から表情、視線の動き、声のトーンまでを舐めまわすように
観察することが大事だ。

決しておっぱいや腰のくびれやカモシカのような足を観察しろとは言わない。

いや、言えない(苦笑)

女心が全くわからず困っている男は観察をしていない。

自分がどう思われてるか嫌われないかばかり気にして
女をしっかり見ていない男が多い。

目を見て話すのも大事だが、それと同じくらいしっかりと全体を観察して、
五感で感じるものを多くするようにすることがポイント。

女性の言葉ばかり気にしても仕方ないし、振り回されても仕方ない。
人は感情を言葉だけではなく体全体で表現するものだからだ。

これらを無視して女心を知る道はない。

こう言えばこう思ってる・・・というほど人は簡単ではないし、それらを1つずつ
具体的にアドバイスしてもそれは統計論であり絶対論ではないのである。

とにかく観察をしよう・・・体全体で感じよう・・・。そうする事で、五感で感じられる
情報が増えて以前よりも理解できているという感覚を感じやすくなるだろう。

 

Advice2,媚び諂いとにかく理解を示そう。

これは、まるで奴隷のように女王様に媚び諂い鞭で打たれても女王様扱いを
しなさいと言っているのではない。確かに、そういう部分も大事かもしれないが(苦笑)

しかしここで私が言いたいのは、人は人を理解することはできないかもしれないが、
理解しようとする意思表示は大事だという事。

人は理解された分、人を理解しようと思う。
理解を示せば理解を得られるわけだ。

しかし、女心がわからないとか言っている男達は、女心を理解しようとさえしていない・・・

受け入れる姿勢さえ見せないのだ。

中には一言一言にわざわざ反応する男もいる。

そうではなく、まずは一瞬でもいいので媚び諂うように理解を示すこと。
理解を示す姿勢を見せることが大事である。

全くわからない女という生き物をこっちで勝手に判断するのではなく、共感し、
わからない事は聞き、理解しようとする姿勢こそが女心を知る最も大切なポイントである。

媚び諂うという言葉は悪い言葉かもしれない。

でも、わからず焦ったり混乱するよりもずっとマシだ。そういうときには思い出して欲しい・・
「僕は奴隷です」と(笑)当然ながら理解しようとしない奴に理解などできないほど女心と
いうのは難解なのだ。

女性の尻に敷かれる男になる必要はない。
本当に媚び諂う必要もない。

そういう気持ちを時には持って、女性に理解を示すことが大事だという事だ。
理解しようともしていない奴と会話なんて誰だってしたくないもの、、、

だからまずはあなたから理解を示そう。

 

Advice3,女の最大の武器“言葉”に負けない。

男は、原始的な時代から、狩りをする事で女達にアピールをし、自分がどれだけ
餌を取れるのかが女性への最大のアピールであった。

そして、現代に近づくにつれて“力”になり、現代ではあらゆる複合的な
要素で女にアピールしている。正に時代によって男に求められるものは
変わっていきあらゆる要素が女に惚れられる材料になった。

しかし、女はそんな原始的な時代から遺伝子的に磨き続けてきた男に
はない最大の武器がある・・・それが“言葉”である。

正確に言うと“会話”である。

女性は昔から家を守る為、自分を守る為に周りとの関係を壊さないように
言葉という力を常に磨いてきた。男には力では勝てない分、女は言葉と
言う武器に磨きをかけてきたのだ。

暴力が許されない現代、正に言葉をたくみに操る女は正に現代に
おいて最高の兵器を手に入れたに等しいかもしれない。

そんな何千年どころでない歴史をもつ彼女達の言葉にかかれば

・心臓をえぐる事も
・ナイフで切り刻む事も
・皮を剥がす事も

お手のものなのかもしれない。女慣れをしていない男達にとって卓越した
言葉の力を持つ彼女達からすれば、男を3枚におろすことなど容易である。

しかも食べてもらえない(苦笑)

ここまでは半分冗談ではあるが、少なからず女慣れしていないあなたならばわかるだろう・・・。

しかし、この女の言葉という武器をちらつかせられるたびに
気にしていては観察なんてできないし、理解を示すことなどできない。

自分が傷つくことを考えている限り女心を知る事など不可能なのだ。

安心して欲しい、本当に切り刻まれるわけではないのだ。
そして、女性も切り刻むつもりでやっているわけでもない。

そんな女の言葉という武器に負けず自分をリラックスした状態に保たないと
何もできなくなる。

蛇に睨まれた蛙状態ではとてもじゃないが女心を知ることなどできない。

 

・・・・・・以上3つアドバイスをしてみたがいかがだろうか?

別に、こうやれば女心がわかるという細かすぎるお話はしなかったが、
あくまで相手の気持ちというのは自分の尺度から見ないとわからないものだ。

そして、わかったつもりになっても結局完全に解る事はない。

だから面白いところでもあるのだが・・。

それでも男として女心をもっと理解したいという気持ちがあるのならば
この3つのポイントを意識しながら女性と関わってほしい。

でも、それと同時に必要なのは・・・

この3つのポイントを意識するだけでなく女性がいかに男に対して
恋愛感情を感じるのかの流れ、そのためにすべき事を学ぶ事。

これができずして本当の意味で女性心理を理解する事などできない。

なぜなら、いくら観察をしたとしても・・・

SPONSORED LINK

女性心理を理解したとしても人間の感情を動かす力
女性を動かす力がなければ知ってもわかっても・・・・
何もできなきゃ意味がないのだ。

「あっ、怒っている!」

っていうのがわかっても、そこからあなた自身が女性をなんとも
する事ができなければ、どちらの方向性に持っていけば女性が
あなたに好意的に思うのか?

を知り行動に移せなければ意味がない。

もし、あなたがその流れと方法論を知りたいのならば・・・
女性を動かす力、いかにして関係性というのは深まるのか?
好きになっていくのか?その為に何をすべきなのか?

を知りたいのなら続きの記事を読んでみることをオススメする。

もし、もっと深く知りたい!好きな女性を落としたい!と思われる場合は、下記から無料メールマガジンに登録してみてください。

このメールマガジンは、いつでもメールの最下部から解除できますので1、2通読んで、どれほどのノウハウが書かれているか、判断してみてください。

メルマガの登録は下記↓からどうぞ!

1

現在21456名が実践!なぜ、この無料メール講座の参加者は、モテる・彼女を作る事が普通にできるようになったのか?


「どうでもいい女には好かれてたけど好きな女性は毎度振られ続けていた・・でも、なぜ振られるのかの理由がわかって好きな女性と付き合うことに成功した。」

「童貞で彼女いない歴=年齢だったけど彼女を作ることができた。」

「これまでそれなりにモテてたけど付き合ってから冷められていた原因がわかり長く付き合うことができるようになった!」

「超イケメンの彼氏持ちの女性を振り向かせることに成功した。」

これらの感想を無料メール講座ではよくいただきます。
とは言ってもこれらはなんらおかしい話ではありません・・・。

恋愛感情が生まれる原理原則を理解した上で状況に応じて適材適所でテクニックを活用すればある程度モテる力は身に着けることができます。

「でも、それはもともとそれなりにモテてたからじゃない?」

と思われるかもしれませんが、、、実際、上の成果は童貞の方から何十回も振られ続けた方もいます。

そんな原理原則に基づいた心理学テクニックをステップバイステップで学び身に着ける企画、NEXT MENS STAGEの無料メール講座をお届けします。

しかし、この企画の本当のゴールは“彼女ができる・モテる”事ではありません。

そんなのは当たり前にある過程でしかないのです。

そこらへんに関しては参加後にお届けしていきますので、
今すぐ下記の必要事項を入力して企画に参加してください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

登録完了後、1分以内に最初のプレゼントである恋愛感情の原理を解説した「THE・MOTE・RULE」をお届けします。

*あなたのお名前(ハンドルネーム)を入力
*あなたのメールアドレスを入力

もちろん気に入らなければいつでも解除できますので安心して登録をしてください。

>>詳しくはコチラ<<

-女心・女性心理
-, , , , , ,

Copyright© -ラブスナイパー-好きな女性にモテる男になる恋愛心理の法則~ , 2019 All Rights Reserved.