モテない男必見!彼女の作り方の基本!恋愛相対的理論(彼女ができる方程式)

更新日:

さてさて、彼女を作る方法の講座第二回です。

 

今回のテーマは、彼女を作る方程式「恋愛相対性理論」です。

僕の童貞を卒業させてくれたのはおばちゃんでした。

とは言え、今思うとそれほどおばちゃんって年齢じゃない
のかなと思うんですが当時の僕からしたら完全なるおばちゃん(苦笑)

見た目もおばちゃんです(笑)

クソババアです(爆)

これは言いすぎですね。

で、僕は童貞を卒業する前に好きな女性ができました。
いや、好きな女性というか悪女に引っかかったというか(笑

まぁ~どっちゃでもいいのですが、僕はその女性に振られました。
当時の僕からすれば滅茶苦茶可愛い子でしたが、ショックでしたねぇ

最後には完全無視。

スポンサーリンク

一体、何が悪いのかもさっぱりわからない。
「自分はこんだけ思ってるのにぃ!」みたいな。

もう頭は混乱状態。

あまりのショックさに夜中まで公園のベンチで
放心状態でしたから(苦笑

引きこもりで外に出るのも怖かった頃を考えると成長していますね(笑

昔ならショックで引きこもっていたのですがそれがなかっただけでも
当時の僕からすればすごい前進なのかもしれません。

が、そんなことでさえも考える余裕はありませんでしたけどね。

で、理由もわからないし何もできない僕がその後に
やったのはとにかく出会いを増やすということでした。

女という生物がわからない。

何を考え何を思い何を大事にしているのかがわからない。
じゃあ、数をこなすしかねぇだろ!って思ったんですね。

そして、最初に辿り着いたのがおばちゃんでした(笑

このブログを見ているあなたが彼女が欲しいって思っている
と思いますが、まず覚えておいて欲しいのは女性と意図的に
付き合いたいって思っているのなら、まずは

「相対的に物事を見れるようになりましょう。」

つまり、寒いから暑いとわかるように・・・
苦しいと思うから楽しいがわかるように・・・

”好みじゃない女性がわかるから
 好みの女性もわかるようになるんです。”

とは言っても、別におばちゃんとパコパコしろぉ!
と言っているのではありません。

別にやりたきゃやればいい。

ここで大事なのは、数を増やすこと。
数を女性って言う生き物を理解することです。

友達でもいいんですね。

レベル1からラスボスをいきなり倒そうとしても
無理ですから・・・まずはスライムをたくさん
倒しましょう(爆

そうやってスライムを倒していくとふと
あることに気づきます。

「あぁ~、実は超強そうなボスに見えたけど
 実はスライムだったんだな。」

って(笑)

これは、「俺は好きな女がいるんだぁ!」

っていう人もそうです。

なぜなら、

女性に対する緊張感と関わりのある女性の人数の少なさ
は正比例する傾向があるからなんです。

女性経験が多くても少なくてもこれは一緒です。

なぜなら、「おっ!こいつマジで好きだ」っていうのは
所詮、幻想に過ぎない場合が多いからなんですね。

たとえば見た目やちょっと気が合ったりとか・・・

そんな程度で「こいつが運命の女だ!」って思ったり

しちゃうんですよね。

で、あなたは夢中にさせなきゃならないのに
自分が夢中になってしまってしまうんです。

夢中になることは悪いことじゃありません。

しかし、それが周りが見えないほど夢中になっちゃうと
余裕もない男になって女性からしたら頼りがいもないし
男らしくもならなくなっちゃうんです。

そんな状態を軽減するのが

数なんです。

できるならば一気に3、4人くらいの女性と関われば
かなり余裕になってくるはずです。

昔は出会いなんてほとんどなかったんですが、今はネット
があるのであなた次第でいくらでも女性との出会いは増やす
事ができるはず。

だからこそ、まずは女性の友達でなくても関わりを増やす。
そして、女性との関係を深めていく。

その過程を越えて突き合う。

じゃなかった(笑

付き合うっていうゴールがあるんです。

キスなくしてエッチがないように、いきなりエッチを
求めたってそんなん女性からすれば完全にお断りです。

だからまずは「出会って関わる」
ここを意識してみてください。

SPONSORED LINK

別にヤラなくてもいいから最初は慣れる。
「女慣れ」をすることが大事ですからね。

イキナリハードルをあげてもたぶん無理ですよ。
だから、あえてハードルを下げる。

数を増やして友達レベルを増やすことが先決です。

ということで第二回目の講座は以上で終わりたいと思います。

それでは今日は以上で!

次回は、「顔なんて関係ねぇ~」っていうお話をしていきます。

STEP.1、 もっとも大事なこと・・・・

STEP.2、 恋愛相対的理論(彼女ができる方程式)

STEP.3、 整形なしで「イケメン」になる

STEP.4、 まずは聞き上手から?

STEP.5、 アプローチの方法は簡単です。

STEP.6、恋心は「放置プレイ」で初めて育つ

STEP.7、 AVを見ないとモテる?

1

現在21456名が実践!なぜ、この無料メール講座の参加者は、モテる・彼女を作る事が普通にできるようになったのか?


「どうでもいい女には好かれてたけど好きな女性は毎度振られ続けていた・・でも、なぜ振られるのかの理由がわかって好きな女性と付き合うことに成功した。」

「童貞で彼女いない歴=年齢だったけど彼女を作ることができた。」

「これまでそれなりにモテてたけど付き合ってから冷められていた原因がわかり長く付き合うことができるようになった!」

「超イケメンの彼氏持ちの女性を振り向かせることに成功した。」

これらの感想を無料メール講座ではよくいただきます。
とは言ってもこれらはなんらおかしい話ではありません・・・。

恋愛感情が生まれる原理原則を理解した上で状況に応じて適材適所でテクニックを活用すればある程度モテる力は身に着けることができます。

「でも、それはもともとそれなりにモテてたからじゃない?」

と思われるかもしれませんが、、、実際、上の成果は童貞の方から何十回も振られ続けた方もいます。

そして、すでにモテてる男も参加しています。

そんな原理原則に基づいた心理学テクニックをステップバイステップで学び身に着ける企画、オス部の無料メール講座をお届けします。

しかし、この企画の本当のゴールは“彼女ができる・モテる”事ではありません。

そんなのは当たり前にある過程でしかないのです。

そこらへんに関しては参加後にお届けしていきますので、
今すぐ下記の必要事項を入力して企画に参加してください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

登録完了後から1カ月間・・・・

あなたにまずは恋愛テクニックとその原理原則に関するコンテンツをお届けしていきます。

登録後1分以内に最初のプレゼントである恋愛感情の原理を解説した計170Pにわたる無料レポート「LOVE CONTROL 」をおレポートを届けします。

 

もちろん気に入らなければいつでも解除できますので安心して登録をしてください。

>>詳しくはコチラ<<

メルマガの感想の一部を紹介

恋愛もののメルマガも(PDFファイル含め)それなりにたくさん読んでましたが…アリアスさんのこれは一番衝撃と刺激を受けました。ここまで!!ここまでわかりやすく書いてくれんのぉ?!てな感じで見てましたよ。(笑)このlove control……恐らくあと100回は見直して活用していくつもりです。

<taiki.com43さん>

無料でこんなに価値あるレポートを頂けるなんて、アリアスさんは器が大きすぎます!僕は美容師なので、女性と触れ合う機会はおおいですが、お客様を恋の相手にするのは気がひけます。このレポートを実践したいので、出会いの場をもっと増やしたいと思います!!!

<しばさん>

レポートやメルマガは印刷して毎日読ませていただいてます。今まで1人の女性をとことん愛して他の女性には目もくれない、大事なのは見た目じゃない大事なのは中身だ、なんて思ってたので目から鱗でした。実は僕はある女の子に先日告白しました。2度目でした。彼氏がいるってことでフラれました。でも俺は1度男を磨きなおしか彼女を振り向かせたいと思います。そのために女の子との交友関係を増やします。先生に誓います。僕は男を磨きます!

<フジもんさん>

この度は「LOVE CONTROL」を読ませて頂きました。やはりご自身で体験され大変なご苦労と共に実績を積まれ私とすれば一生に残る大変貴重なものになりました。但しこれを実践し自分のものにしなければ何の意味もない。そうですよね

<Hさん>

3つのルールを読みました。とても有難い内容で、自分の行動に取り入れたいと思います。とても共感できる内容で、筆者が、いい男だな、と思いました。私も、不変で唯一の個性のある、いい男でい続けたい、と思います。良いメルマガのご提供、有難うございます。

<harajukuproさん>

レポートありがとうございました!本当に無料でいいんでしょうかってくらい役にたってます!上手く言った時を思い返すと、4Gをやっていたなと納得しています。間違ってなかったと確信できたり、逆になんでダメだったのか理由がわかったり( ;´Д`)笑

<kanyさん>

-童貞からでも役立つ彼女の作り方

Copyright© -ラブスナイパー-好きな女性にモテる男になる恋愛心理の法則~ , 2019 All Rights Reserved.